転職サイトとハローワークはどこが違う?

転職をよりスムーズに、望みの条件で

ネットでできる転職活動

公共職業安定所、略称職安。 最近はハローワークという愛称でお馴染みですが、失業したらまず雇用保険の申請でお世話になります。 その後、仕事を斡旋してくれますが、紹介される求人に「ブラック企業」が多いと、ネットでの評判はあまりよくありません。 ですが、だからと言って利用しないと結論付けるのは、早急です。

ハローワークを利用していいのか

今や終身雇用の時代は終わりました。
私の知り合いでも、同じ会社に20年いるという人は、1人か2人、いるかなという程度です。
多くの人が転職活動を、人生で1度や2度、経験しているでしょう。

ですが、それでもめったにはないこと。2度目、3度目でも、以前の転職活動がどのようだったか、鮮明に覚えていないということもありますよね?
また時代の流れに応じて、求人の仕方も変わっています。

かく言う私も、4度ほど転職を経験していますが、そのたび職探しの方法は違いました。
最初は新聞広告だったかと思います。2度目は就職情報誌、3度目はネットの求人情報とハローワーク、4度目は就職エージェントを利用しました。
中でも、4度目の就職エージェントを利用した際は、自分の希望を親身に聞いてもらい、それに応じた職場を探してもらえました。

終身雇用の時代が終わって、転職が当たり前の時代になり、希望通りの転職もぐっとしやすくなったように思います。
パソコンか、スマホが1台あれば、そこから情報サイトにつなぐだけで、希望職種、勤務場所、年収、勤務時間など条件に応じた求人が検索できるのです。
新聞や雑誌に載っている求人は数に限りがあります。ハローワークへ行くには出かける準備もしなくてはいけないし、手間もかかります。そのうえ、雨が降ってきたら、転職活動をする気すら失われてしまうでしょう。

それから考えると、ネットでできる転職活動万歳!という感じではありませんか?

転職サイトの現在

転職サイトも、昔とは少し変わりました。 以前は、求人を出しておしまいというところも多かったです。 言わば、雑誌媒体だったものが、ただネットに移行しただけ、という様相でした。 ですが、今は転職のアドバイスをしてくれる心強いエージェントが、しっかりと転職をサポートしてくれます。

1度は行っておきたいハローワーク

ネット全盛の今でも、ハローワークは仕事を斡旋してくれます。 しかし、やはり様々な面で、転職サイトに比べると、残念ながら見劣りするのは確かです。 ですが、ハローワークには、ハローワークの強みが存在するのです。 もし、多角的に次の仕事を検討したいのであれば、ハローワークを利用するのも、手でしょう。